*****
楽天ブログから引越ししてきました 以前の日記はこちらです
はっぴぃみかん http://plaza.rakuten.co.jp/mikan2006/
石けん作りの日記は楽天に多く書いています


何故このカテゴリーに?と疑問を持ったら
こちらをご覧ください ココ


私のような考えの人もいる そうじゃない人も居る
そうじゃない人 が 私のような人間がいると気づくだけでも 何かが変わるかもしれない
変える必要はない と 改めて何かを決心する人が居るかもしれない
でも 今までとは 違う決意があるんだゼ _と 変わってもらいたい
・・・だから カドが立つことも書いています
「思い」はこちらから読めます
a001
◆ コメントは承認制です  管理画面で私が読んでおります ご安心を ◆

2009年05月30日

嫁はさぁ… /日記

普通の嫁としての いろいろを 出来ない

これって すっげーーー! ストレス


いわゆる 社交辞令とか 世間での慣わしとか
そういうのは すごーーく苦手なので

粗相がなければ キモチがこもっていれば
出来る限りのことをすれば それでよし って考えている

しかも 病気で動けないとなると
精一杯もなにも… できない

最低限であっても 動けないと 本当にできないのね…


口だけは元気なんだけどさぁ


別にね 私が『自分のとき』にしてほしい方法を
『ジジババのとき』にやれ! とまでは 思ってないです

だとしても 私が 『自分のとき』のことをどう考えているかを
理解できない人たちの存在が とても悲しいのよ


昔ながらの田舎式 も 判る (すきじゃないけど)
他の宗教のいろいろなやり方も それぞれあるんだな って 判る

しかし お婆のアタマの中は
近所での家族葬も理解できなかったらしい(過去にありまして…)
他の宗教の葬儀なんて 行ったことがない
(宗派が違っても仏式か 神式限定)


いろいろ 世間が変わってきていることに 気づいてない

自分たちまでは。。。 と考えているようだが。。。

その前に 『私の』 がある 

そうなるとさ、、、 昔ながらのを通すのは むずかしいのよねぇ…




そうだなぁ もし ジジババの間に 『私の』 があるなら
私は私の提案のままやってもらい
同じ墓には入れてほしくないな

いいよ 本当に そこらに撒いてもらって…(法律にふれないように)
小さい骨壷でも買って ちょっとだけ保存しておいてもらおうか

仏壇とか 位牌とかいらないからさ
本当に宗教とか関係なく キモチで保存してもらえれば構わない

骨壷まで 自分で買っておかないと 適えられないかなぁ ( ̄▽ ̄;)


ベッドから・・・ 自分の為に いろいろ揃えるのか
なんか 便利な病人だな (爆)

小さい骨壷たって ン万円するもんなぁ…
使用時まで どうやって もってようかねぇ…

ピンク色がいいなぁ (o^-^o) ウフッ
とりあえず どんなのがいいか 考えてみるだけでも いいよね


はははははは


 なんか 笑えるわ





posted by みかん。 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

病棟 端から端まで/日記

私が通院している病院 詳細はかけませんが こんな感じ

東西に長い建物です
真ん中あたりに エレベーターや階段があります

一階は外来 2階から上は 階ごとに 科が分かれています

外科病棟は 点滴ルームや空き部屋が並びます ヾ(- -;)
 のあたりが 1階なら 玄関(一般患者などの出入り口)


点滴ルームがその真上ですが いったん
建物の真ん中あたりまで移動してから 歩くわけです
結構な距離です…

--------------------------------------------------------------------------------

090530b


--------------------------------------------------------------------------------

空き部屋率高 というのは
西側の病棟が満員になってくると
退院間際の人や 盲腸などで問題のない人が
点滴ルームに近いほうに移ってきます


私が手術をしたときは 外科病棟は別の階で
点滴ルームが その当時は存在しなかったので…
位置的には点滴ルーム辺りの部屋に入院しました

抗がん剤を変更するための入院は この階に引越し済みになってからで
最初はの方でしたが 相部屋の方がすごくて(笑)
の方へ移動したわけです



で  のあたりが お爺の病室 (一番奥)

足が一番痛かったとき 玄関から  までが地獄でした
点滴ルームも 一番痛いときには 行けませんでした
(私は今点滴してないので…)

今日は 点滴ルームに ガン友3名さまがおりまして
10分くらい お話をしてから 柚子と お爺の病室へ行ってきました

遠い・・・ 制覇した感じでごじゃるよ


お爺は〜〜 きのうテレビでやってた シチリア島のミイラみたいに
目がうつろで口が半開きで 歯が半分欠けてて・・・

廊下から見えたとき  おおーーーー コリャだめだ って思いましたよ

腹水も減ったけど 脂肪も全部落ちてましたですよ・・・



直前に お爺の弟と お婆が 見舞って
完全に行き違いになって 私と柚子が行ったのです

お爺いわく 
誰も詳しいことを言ってくれないけど
次々に見舞いにくるから 想像はつくけどよ



水のましてくれ おっかあ(お婆)は 帰っちゃった


家に帰って お婆に確認したら
何を言ってるか分からないから 帰ってきた そうで…
5分程度の差だったはずなのだけど
水を飲ませてくれって言ったかどうかも 聞き取れなかったから
何にもしないで帰ってきた
そうで…


カンベンしてくんなぃかぃ・・・





そして・・・ お婆から 葬式の話になった

デコポン的には 病院で亡くなったら 斎場に直接行くパターンを考えている
私が 私の時にはそうしてほしいと いろいろ話ているから
そういう方向で 考えることにしたらしい

なぜなら… 病院から自宅に戻れば
近所中が蜂の巣を突いたような騒ぎになり
家族葬を希望しても それどころじゃないから…

隣組が通夜の前に 挨拶に来るだ??
…それを一番したくないんだよね…

告別式だって まともな嫁としての手伝いが不可能なので
家にいろいろ来られても オイラ とっても困る
お茶をださなくていいと言われても 寝てられない

だから 斎場(ホールでも)に直接行くほうがいいと思ってる

その話を お婆にしても 病院→自宅 ってところが
どうしても 解くことが出来ないらしい

世間では あんまり もう そういうのは無いらしいよ と言っても
理解不能だし 言えば言うほどパニック ( ̄▽ ̄;)

まだ 亡くなってないのに…


家族葬か 近所中で参列するかどうかは
それなりにダンナが決断するとしても
家にいろいろ来られるのは カンベンしてもらいたい


あとね、、 ふと思ったのは

お爺のお葬式を 近所中の人を呼んで 盛大にすると・・・

次・・・ 順番的に 私なのかな って思うんだけど

私が希望する 直葬(病院→斎場、告別式等なし)パターンを 次にやったら
お婆が嫁を大事にしてなかった っつー証拠になっちまいませんか?

私は構いませんよ?

仮にお婆が私より先だとしても お爺と同じだけの人間は集まらないので
直接の血縁者限定になるだろう

そうなっても ダンナと私が お婆をいじめてるような印象になりそうで嫌だよねぇ…




ダンナも私も 柚子の修学旅行が重なっても そのまま修学旅行へ行って来い だし

私が嫁らしくお手伝いができないので
それで大丈夫な規模のことを考えているって言っていたので 大丈夫だとは思うけど…

お婆の 脳ミソの出来の悪さに毎度ガッガリする…

多分横で聞いていた お爺の弟さんは 私が言いたいことは分かったと思うんだけど…


とりあえず そのときが来る前に 私の思いはダンナに確認するしかないけども
どういう決定をするかは ダンナに託すしかない

で、もし 家族葬か 直接の血縁関係の人間だけでこじんまりとする場合
隣組なんたらいうのとか 近所の方のいろいろなのは お断りするわけですよね…
その段取りとか それで本当にいけるのかどうかは
ダンナから まず最初に本家に確認するように って 言っておかないと…

お婆が思う規模のことは・・・ 金銭的にできないよ
お墓も建てたいらしいし 後が詰まってるからさ

バランスって重要だよねぇ…


posted by みかん。 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。