*****
楽天ブログから引越ししてきました 以前の日記はこちらです
はっぴぃみかん http://plaza.rakuten.co.jp/mikan2006/
石けん作りの日記は楽天に多く書いています


何故このカテゴリーに?と疑問を持ったら
こちらをご覧ください ココ


私のような考えの人もいる そうじゃない人も居る
そうじゃない人 が 私のような人間がいると気づくだけでも 何かが変わるかもしれない
変える必要はない と 改めて何かを決心する人が居るかもしれない
でも 今までとは 違う決意があるんだゼ _と 変わってもらいたい
・・・だから カドが立つことも書いています
「思い」はこちらから読めます
a001
◆ コメントは承認制です  管理画面で私が読んでおります ご安心を ◆

2009年05月20日

だだだーと書く/日記

不安なんだ 不安なんだ

インフルエンザも
自分の病気も

今後起こるだろう いろいろなことが

自分の想像する順番で起こるのか

間に想定外のことが起こるのか


修学旅行が延期になるっぽいことも

延期はいいけどさ

ちょうど 医療費が倍増する月に当たったりすると
とっても不安だ 

「そんな小さなこと」が 沢山あって 片付けられないまま
ずーーーと 起こるのを 待ってるだけだから

押し込んでおいた不安が ブオーって出てきちゃうことがあるんだ

デコポンの給料が10万単位で増えたら
あるいは宝くじで100万単位で(できたら5000万以上 笑)当たったら
知らない老人からの遺言で ウン億円でももらえたりしたら ヾ(- -;)

解決できることも いくつかあるけども

現状では どうにも キツキツのことばっかり

時間が経たないと 手を付けられないことは
このまま待つしかない

ひとつでも多く 片付けてしまいたいけど
今は出来ないんだな・・・・

叫んでも どうにもならないし
……………多少が 気が晴れるかも??程度で…



そう思うと

息をするのも 食べるのも 全部やめれば 解決するのかな
_なぁんて 思ったりするわけよ

ウツとかじゃなくて
なんか マチュピチュの上空を飛ぶ鳥の気分

なんかね ばかばかしいな って 思っちゃうわけよ


かと言っても 精神力だけで 呼吸停止なんてできないし
食事制限もさ
自分で料理するのと 家族が食べるのと
自分の手が それで できるのかどうかとか
食費がかからないようにとか いろいろ考えると
…自分だけOKな調整なんて 無理なんだよ

根性だけで 解決できる段階じゃないよなーーー

根性で 痛みが取れるのなら

根性で ガンが治るのなら

最初から 根性なしでやってたわけじゃない …つもり

本当に出来なくなって 諦めてることも 多数
出来るけど 今はやらないほうがいいと思うことも多数
得意じゃないから やりたくないことも多数 <苦笑


それでも 不得意なりに やらねばならないことは
どうにかやってるつもり

私は仙人でも神様でもないから
やりたいこと全部を プロ並に完成させたり
叶えたりはできないよ

だから 常に 不安の原因がある
誰でもそうでしょ?

失業の不安とかあるでしょ?
私は直接失業の可能性はないけど
デコポンが失業したら 治療を止めるかもしれないし
そういう不安は 考え出したらキりがない

でも 失業も お金の心配も 余裕があって心配してるのではなくて
ちょっとした計算間違いで… 可能性があるから
ずっと不安

とりあえず 書くことで 解消できるのかどうか 書いてみた



posted by みかん。 at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暗くなってないからネ/日記

死ぬとか もし死んだら とか
そういうのが続いたので

不快に思っている人がいたらゴメンなさい

ただ 死んでしまえとか 死にたい という話じゃないし
自分や親族が年齢順 あるいは 病気で死ぬということであって

死んでしまえ! とは書いてないヨ

ネット上誰か とか
知り合いのAさんとか に対して とかじゃないので

暗くなるような内容じゃないんです


『死ぬ』という単語を拒絶する人は居るだろうな と 思っています

でも
自分に対して「亡くなる」のも変だし
不慮の事故でもないのに「命を落とす」のも
「死亡した」っていう書き方も 違うと思うワケ

順番に しょうがない変化として 段々悪化して「死を迎える」のなら判る


前の日記に書いたような
防げたかもしれない 感染症を わざわざ運んできた人から
うつされて 悪化して あっという間に・・・ っていうのを
どう表現していいのか 私には判らない

それと オイラは 「死ぬ」って単語に拒否反応はしてないもん

逃げようがないもの 誰にでも来るもの



怖くないなんて書いてないし…
前の日記では 「怖い」って正直に書いたよ

ただ そればっかり悩んでたり
怖がって 治療できなくなっちゃうのは 本意じゃないので
なるようになるさ or 考えないようにしてる 


でも 毎日 必ず 「悪化して死ぬのかなぁ 感染症にかかるのかなぁ」
「苦しいのかなぁ 寝たきりで意識がどうなるのかなぁ」って
考えるんだよ

いつ来るか判らない 遠い将来のことじゃなくて
10年以内にくるだろうな って 判っている病状だからねぇ…

私の母は 喘息持ちで 今から10年前くらいに
何回も 発作と酸欠(狭心症も起きた)で 心停止をしてる
「次の発作で ダメだと思う」といわれてから
生活に気をつけて まだ生きてるけど…

父も 高血圧で 春先に花見で失神して救急車で運ばれたし

義父も 状況次第では いつ死んでもおかしくない

私も 新型インフルエンザか ソ連なんとかかわからないけど
そういうので いつ死ぬかわからない

誰が先!? っていう状況だから

「死ぬ」という言葉が 一番 普通の言葉だと思う
んだよね



宗教観とかあるのかなぁ… 無宗教だけど…

星になる っていうのは どういうところからの表現なんだろうね?
輝くものとして残りたい って気は全然ないから
星になる は 違う

生まれ変わるとか 成仏するとかいうのも
信じては居ないけど

残るとしたら 柚子に乗り移って勉強したいとか (笑)
そういうことでなら 考えることはあるけども…

こういうことをしてくれないと 恨んでやる なんてことも
考えてない

心配ごとが多いと 残っちゃうような気はするけどねー
(;-o-)σォィォィ・・・


ごく 自然に 
これから 起こるだろうことを 書くのに
美しい単語は 必要ない 似合わない と 思ってる

posted by みかん。 at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実家の母と1時間TEL/日記

前回 電話がかかってきたのは
私のPET検査の前
お爺が「明日病院に行く」といい始めた瞬間(まさに)だった

で、その結果は知らせてない

まさか お爺がずーっと入院してるなんて思ってなかったし


お爺のパジャマ関係のゴタゴタとか
お婆の「勝手に思い込み」事件とか

柚子の修学旅行が中止か延期か・・・ という話

行くなら行くで かまわないけど
家族に感染して その家族が病人で(決定事項)
悪化して死んじゃったりしたら

柚子が 一生背負って 悩むかもしれないし
教育委員会は敵だ! みたいな 責任は問えないけど
思い込んで 恨みに思いながら 生きていくことになるかも?
_なんて思ったら 延期でよかった と


先日 手紙をくれたオバサンが 乳がんだったことは
やっぱり知らなかったみたい

母自身の体調があまり良くないので
動けるうちに一回行くよ と 言われたけども。。

で、母がもし 喘息+心臓(狭心症)の発作で 死んじゃったりするとですね
父一人で 生活することになるのだけど

ウツの弟とその嫁(ちょっとオバカ) 
と 障害者の弟がいる__ そこらへんの 後始末というか
相談されても 解決できる人が居なくなる

父が死んだら 借金が無ければ 土地と家を
私が 柚子が相続するわけだけど
私も 順調に相続できるとは思えないわけで…

売って始末するにしても 誰がする? っていう問題がでてくるので

未成年の柚子に いきなり権利書を持たせるわけにも行かないから

いざというときには 始末してください ということで
デコポンに預けてもいいかなぁ って 話もでてきた


お爺が入院してて パジャマ事件で
もし お見舞いに行くとしたら 現金じゃなくて パジャマだな と (笑)

ちょっとだけ 上っ面だけでも 掃除しないとねー


指も足も 飛び上がる状態で・・ というのは 報告したけども
それにしても・・・ って感じなので ( ̄▽ ̄;)


右手の親指 擦り切れまして・・・・
昨夜から 流血したり 飛び上がったりしております・・・・


捨てられるものは捨てる


そういえば 小学校の資源回収 今度の土曜日だったっけ…

ε-(;ーωーA フゥ…



posted by みかん。 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜までおあづけ/日記

修学旅行の件 決定事項を聞くのは夜


行っちゃえばいいのに という思いもあるのです

マスクをしても あんまり意味が無さそうなのも わかるのだけど

問題は 本人が感染するかどうかじゃなく
家にいるだけの 家族の方なんですよねぇ…

我が家の場合 柚子(息子)と デコポン(ダンナ)以外

ジジババと私は病人なわけで

デコポンに感染したら お爺関係の用事 麻痺しますよね
私に感染して デコポンに感染したら
どうなっちゃうんでしょうね??


柚子の担任の 奥様も 乳がん患者

近所の 柚子と同級生のコの ママさんは膠原病
他にも 大腸がんの手術経験者など
父兄に 結構 居るのですよね

家族に寝たきりの老人が居たり
障害者の兄弟もいるかもしれない


子供たちが 修学旅行に行く
マスクや 抗菌ウェットティシュを持参して行っても
持ち帰る可能性が増える選択は やめる

↑↑ ここが一番のポイントなんだろうと
自分勝手に思うことにする


ネット上でも テレビのニュースでも
マスクや 修学旅行の中止は 意味無いとか言ってるけど

わざわざ流行が確認されている地域に行くのも
バカなんじゃ? って思う

行かなくてもいい選択が出来るのなら
安全策で 行かないのも 当然ありだと思う…



改めて書くけど
息子が感染すること自体は 体力的にも 心配してない

問題は 家族が感染したら…
病人に感染したら ただのインフルエンザじゃ済まないだろうってこと

病人だけど (ガンで白血球が通常の半分以下ででも)
普通のインフルエンザと変わらない程度で治るかもしれないけど

肺炎とかで死ぬ可能性がゼロとは言えない
その 恐怖は・・・ 避けられるものなら 避けたい

どうしても 中学3年生は 京都・奈良に行かないと
高校入試でも 今後 平均点以下になるんだから! というようなことが
決定されているのなら 行って頂くほうがよいのだけど


こんなこと (マスクが意味ないとか) 書きながら
自分が死ぬかもしれないって思って 泣いてるなんて
誰も 想像してくれないもん

ガンで死ぬのは覚悟したつもりだけど
息子が持ち帰ったインフルエンザで死ぬとしたら
息子はどう思うだろうか?
先生を責めるつもりはなくても 行かなければ良かった とか
行く決定をした誰かを ずっと恨むことになるのかもしれない


死ぬという話の周りの
いろいろなことが 問題になってくる

私が 「誰のせいでもない」 と ずっと言ったとしても
息子は 考え込むと思う


すでに ガンで 多分完治することはなく
いつか 悪化して 寝たきりになって 痛くなったりして
段々弱って 死んでいくのだ と いう想像で納得していても

この段階で インフルエンザをわざわざ持ち帰ってもらって
それで死ぬかもしれないなんて… 恐怖としか言い様がない

感染症その他 気にはしてても
自分に原因がないような 感染のしかたとなると
やっぱり 許せないと思ってしまう

誰を許せないのか? 息子? そんなの考えたくないよ?


自分中心でしか 考えてないのか? 
_と 思われるのも嫌で 抑えていたのだけど

怖いもんは怖いのだ

なったらなったで_ で 済みそうな健康な人はそれでいい


人工透析をしている人が 感染したら 透析してもらえないそうで
_それも 直接死につながる

乳がん・抗がん剤+インフルエンザ で 死ぬという方程式はないけど
寿命を縮めるものは近づけなくない

もっと蔓延して
いつもの病院に近づけない(患者が多すぎ等)とか
薬局などがパンクしてて 抗がん剤など
慢性疾患の治療薬が手に入れられない状況になったら
病気が悪化していくのは 判ってるわけだし…

自分からはコントロールできないものだから
どうにもならないけど

修学旅行に行くか・行かないか で 危険度が変わるのなら
_とりあえず 今のところは 行かないほうがいいよ って思うわ


まぁ 病気で動けなくて それでも 生き延びたからって
どうにもならないんだけど…

どういう経路で感染したか? = 病人の死 が
家族の人生が狂うことを 考えてしまいます…

posted by みかん。 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。